はじめての方へ

 中予居合道会…(私設ページ)へのご訪問並びにご高覧をいただきまして、誠にありがとうございます。

 当ブログは中予居合道会の一会員が個人的に運用しております。
 お見苦しい点もあるかと存じますが、何卒ご了承いただけますと幸いでございます。

 中予居合道会とは、愛媛県中予地方にある松山市内にて、日本の伝統武道の一つである居合道の稽古に励む居合道愛好会です。
(全日本剣道連盟に所属)


稽古風景はこちらからご覧いただけます。

稽古日程及び行事予定等は、
行事カレンダーからご覧ください。

年間行事・各種イベントについてはこちらをご覧ください。


稽古の見学ならびに入会はいつでもお待ちしております。
稽古場所と時間についてはコチラをご参照ください。


このページはリンクフリーです。
連絡も特に必要ございません。
リンクしていただける際は、
こちらのバナーをご利用ください


メニュー

リンク

QRコード

QR

アクセス数(080419より)

万年カレンダー





ブログ内検索



いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

中予居合道会の概要

 中予居合道会とは、愛媛県松山市内にて居合道の修練に励む居合道愛好会です。

 全日本剣道連盟、愛媛県剣道連盟及び松山市剣道連盟に所属しております。

 当会は、昭和44年の発足から40年以上の歴史をもち、 日本の伝統武道・伝統文化である
「居合道」の普及奨励に努め、 心身の鍛錬、技術の向上並びに
相互の親睦融和を図ることを目的として活動しています。

「居合道」とは、日本刀(または模擬刀)を利用して各種作法や刀法を身に付け、
古来より伝わる技の習得と心身の鍛錬を目的とした「形武道(かたぶどう)」です。

「形武道」は各自個別に稽古に打ち込めるため、老若男女を問わずそれぞれのペースで
日々稽古に励んでいます。 

会員は小学生~70代まで幅広くいらっしゃいます。


  ○会員数51名 <男性44名・女性7名 (平成28年03月現在)>

  ○履修可能な流派
   ・無双直伝英信流 (無雙直傳英信流、土佐英信流)
   ・夢想神伝流    (東京都文京区本郷・研修館館長 壇崎友彰先生直系)


  ○稽古場所 (時間や地図等の詳細は「稽古場所と時間について」をご参照ください)
   ・松山東署武道場
   ・松山西署武道場
   ・松山南署武道場

   ※ 稽古風景はこちらからご覧いただけます。

  ○入会金・年会費・等 (学生の場合など詳細は「費用について」をご参照ください。)
   ・入会金(一般)・・・1,000円
   ・年会費(一般)・・・5,500円
   
   ・その他、道着・道具代がいくらかかかります。
    (木刀・模擬刀や道着・袴などの詳細は「道着や刀などの道具について」をご参照ください)
   ・スポーツ保険に加入しています。


 <<愛媛新聞の記事より>>

☆「[いい汗いい顔]居合道「中予居合道会」(松山市)」☆
(平成17年02月23日付)
(↓クリックすると別窓で拡大表示されます)
いい汗いい顔「中予居合道会」(松山市)
掲載許可番号:G20080601-00193



☆「和にふれる伝統にふれる(6) 居合道 刀振るう 勝負一瞬 心の充実必要」☆
(平成18年9月23日付)
(↓クリックすると別窓で拡大表示されます)
和にふれる伝統にふれる(6) 居合道
掲載許可番号:G20080501-00190

↑愛媛新聞社の石川記者が実際に居合の手ほどきを受け、その体験談を語っておられます。
「居合道とは? 居合ってどんなことをするの?」と興味のある方は是非ご一読ください。




 ○特徴
・仮想敵を想定した形武道ということもあり、基本的に個人練習・個別指導になります。
 各自マイペースで身に着けていくことができます。
 (剣道のように打ち合う稽古はありません)

・稽古される方の老若男女を問いませんので、全国的に幅広く普及しています。
 (模擬刀(刃の付かない模倣刀剣・通称:居合刀)で稽古することができます)

・頭も体もバランス良く使いますので、趣味や習い事の一つとして最適と思います。
 (老若男女、幅広い年齢層に受け入れられ、また定年退職後に始められる方も多くいらっしゃいます。)

・伝統的な日本武道を習うということが精神衛生上良いともいわれています。
 (初めて習う武道が「居合道」という方も多数いらっしゃいます)

・先生からご指導いただきながら、同じ型を何度も繰り返し稽古することで、
 何事にも通じるエッセンスを感じることができます。(本当に奥が深いです)

・「礼に始まり礼に終わる」の言葉の通り、道場への礼・神前の礼・刀礼等、『礼法』を大切にします。

・技の習熟度は定期的に行われている昇段審査や各種大会で認められます。
 習えば習うほど、稽古すればするほど、次の課題が見えてきます。

・技の一本一本において、「体捌き(タイサバキ)」や「間(マ)」などを意識しながら行いますので、
 集中力の鍛錬にもなります。また、姿勢も良くなります。

・“静と動の妙”・・・すべての技がすばやい動きとゆっくりな動きが組み合わされた構成となっています。
 そのため、想像以上に運動量があります(全身的に筋肉をつけることができます)。

・足腰の鍛錬にとても良いです(専門家によるとインナーマッスル・大腰筋を鍛えるのに良いそうです)。



 ○稽古内容
・習い始めの頃は、各流派共通して、全日本剣道連盟居合(通称・制定)(全12本)と、
 作法(姿勢・礼法)と術技(刀法・体捌き)、心得等を履修していきます。

・週1回通うペースで、だいたい1年程度をかけて制定12本を習得し、一級審査、初段審査を
 受ける方が多いです。

・段位の取得後は、制定の練習と平行しながら古流(こりゅう・古来より代々伝わる形)を学んでいきます。

・ある程度先生から技を教えていただいた後は、自己鍛錬により各技の技術を磨きます。

・基本的に個別練習・個別指導ですので、ご自分のペースで技を身に付けていくことができます。

・また、定期的に開催される演武大会(県内・外)、強化練成会等のイベントへ参加可能です。

・毎年県内外で行われる大会では、演武での技の正確さや気迫の勢い等を競い合います。


 ○昇級・昇段について
・年に数回行われる昇級・昇段審査会において、演武・筆記の試験を行い、一定の評価及び成績を得ると
 昇級・昇段が認められ、全日本剣道連盟より授与状が与えられます。
 (愛媛県では、時期をずらして東・中・南予それぞれ年1回ずつ審査会が行われています)
 (一~五段までは県内審査。 六段以上は全国審査になります)

・また、次段位を取得するにはそれぞれ受審待機期間が設けられており、その期間稽古に励み、
 技の研鑽をすることが求められます。

・資格の一つとして履歴書等に記入可能です。

・全日本剣道連盟所属の団体であれば、全国どこでも段位を引継いで稽古を継続することができます。



 ○稽古の見学について

◆「見学希望」と「入会申込み」は随時受付けております◆

動画:揃い抜き(1~12本目)の様子
(下の画面をクリックすると動画を見ることができます)



その他の動画はコチラからご覧いただけます。


< 各道場の稽古風景 >
(各写真をクリックすると拡大表示できます)

091005_4 
月曜の松山東署武道場(18:00~20:00)での稽古です。
先生からご指導いただいたり、習った技の自己鍛錬をします。


100227_18 
土曜の松山東署武道場(13:00~16:00)での稽古です。
写真は先生の号令に合わせ、全員で同じ技を抜く稽古をしているところです。



100530_06 
日曜の松山西署武道場(09:00~12:00)での稽古です。
高段の先生から直接指導を受けられます。


100413_11 
火曜の松山南署武道場(18:00~20:30)での稽古です。
老若男女を問わず、幅広く親しまれている武道です。

その他の稽古風景はコチラをご覧ください。

・見学希望の方は稽古場所と時間についてをご参考に、稽古時間中に各道場へお越しください。
 (※ 道場の使用開始時間ちょうどに来られますと、まだ誰も来ていない場合がありますので、
  開始時間から30分~1 時間程度経ったころに来ていただくと良いかと思います。)

各種行事やイベントへの参加や、場所や時間帯によって、稽古への参加人数や顔ぶれが
違いますので事前に行事カレンダーをご確認いただけますと幸いです。


まったく初めて体験する武道が、「居合道」という方も多数いらっしゃいます。

過去に他の道場で居合道の稽古に励まれていた方や、
実際に居合道をやってみたいという方もお待ちしております。

月に数回や年に数回といったペースで稽古に励んでおられる方もいらっしゃいますので、
稽古への参加について難しく考える必要はございません。ご安心ください。

| ホーム |


 BLOG TOP