はじめての方へ

 中予居合道会…(私設ページ)へのご訪問並びにご高覧をいただきまして、誠にありがとうございます。

 当ブログは中予居合道会の一会員が個人的に運用しております。
 お見苦しい点もあるかと存じますが、何卒ご了承いただけますと幸いでございます。

 中予居合道会とは、愛媛県中予地方にある松山市内にて、日本の伝統武道の一つである居合道の稽古に励む居合道愛好会です。
(全日本剣道連盟に所属)


稽古風景はこちらからご覧いただけます。

稽古日程及び行事予定等は、
行事カレンダーからご覧ください。

年間行事・各種イベントについてはこちらをご覧ください。


稽古の見学ならびに入会はいつでもお待ちしております。
稽古場所と時間についてはコチラをご参照ください。


このページはリンクフリーです。
連絡も特に必要ございません。
リンクしていただける際は、
こちらのバナーをご利用ください


メニュー

リンク

QRコード

QR

アクセス数(080419より)

万年カレンダー





ブログ内検索



いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

全日本剣道連盟居合(通称・制定)とは?

全日本剣道連盟居合(通称・制定形)とは?
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

○全日本剣道連盟居合の研究委員会では、居合の生命として、
 ・抜き付けの横一文字
 ・止めの縦一文字
 ・両斜めの袈裟切り
 ・返す刀
 ・撃突の一刀
に尽きるとした。
 
この五つの基本技術をもとにして業(十二本)が設定された。


○業の名称と想定○

一本目 『前(まえ)』 
対座している敵の殺気を感じ、機先を制してこめかみに抜き付け、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。

二本目 『後ろ(うしろ)』 

背後に座っている敵の殺気を感じ、機先を制してこめかみに抜き付け、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。

三本目 『受け流し(うけながし)』
左横に座っていた敵が、突然立って切り下ろしてくるのを鎬(しのぎ)で受け流し、さらに袈裟(けさ)に切り下ろして勝つ。

四本目 『柄当て(つかあて)』
前後に座っている二人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の水月(すいげつ)に柄頭(つかがしら)を当て、続いて後ろの敵の水月を突き刺し、さらに正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。

五本目 『袈裟切り(けさぎり)』 
前進中、前から敵が刀を振りかぶって切りかかろうとするのを逆袈裟に切り上げ、さらにかえす刀で袈裟に切り下ろして勝つ。

六本目 『諸手突き(もろてづき)』
前進中、前後三人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の右斜め面に抜き打ちし、さらに諸手で水月を突き刺す。 つぎに、後ろの敵を真っ向から切り下ろす。 続いて正面からくる他の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。
七本目 『三方切り(さんぽうぎり)』 
前進中、正面と左右三方の敵の殺気を感じ、まず右の敵の頭上に抜き打ちし、つぎに左の敵を真っ向から切り下ろし、続いて、正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。

八本目 『顔面当て(がんめんあて)』  
前進中、前後二人の敵の殺気を感じ、まず正面の敵の顔面に「柄当て」し、続いて後ろの敵の「水月」を突き刺し、さらに正面の敵を真っ向から切り下ろして勝つ。

九本目 『添え手突き(そえてづき)』  
前進中、左の敵の殺気を感じ、機先を制して右袈裟に抜き打ちし、さらに腹部を添え手で突き刺して勝つ。

十本目 『四方切り(しほうぎり)』  
前進中、四方の敵の殺気を感じ、機先を制してまず刀を抜こうとする右斜め前の敵の右こぶしに「柄当て」し、つぎに左斜め後ろの敵の「水月」を突き刺し、さらに右斜め前の敵、続いて右斜め後ろの敵、そして左斜め前の敵をそれぞれ真っ向から切り下ろして勝つ。

十一本目 『総切り(そうぎり)』  
前進中、前方の敵の殺気を感じ、機先を制してまず敵の左斜め面を、つぎに右肩を、さらに左胴を切り下ろし、続いて腰腹部を水平に切り、そして真っ向から切り下ろして勝つ。

十二本目 『抜き打ち(ぬきうち)』 
相対して直立している前方の敵が、突然、切りかかってくるのを、刀を抜き上げながら退いて敵の刀に空を切らせ、さらに真っ向から切り下ろして勝つ。

| ホーム |


 BLOG TOP