はじめての方へ

 中予居合道会…(私設ページ)へのご訪問並びにご高覧をいただきまして、誠にありがとうございます。

 当ブログは中予居合道会の一会員が個人的に運用しております。
 お見苦しい点もあるかと存じますが、何卒ご了承いただけますと幸いでございます。

 中予居合道会とは、愛媛県中予地方にある松山市内にて、日本の伝統武道の一つである居合道の稽古に励む居合道愛好会です。
(全日本剣道連盟に所属)


稽古風景はこちらからご覧いただけます。

稽古日程及び行事予定等は、
行事カレンダーからご覧ください。

年間行事・各種イベントについてはこちらをご覧ください。


稽古の見学ならびに入会はいつでもお待ちしております。
稽古場所と時間についてはコチラをご参照ください。


このページはリンクフリーです。
連絡も特に必要ございません。
リンクしていただける際は、
こちらのバナーをご利用ください


メニュー

リンク

QRコード

QR

アクセス数(080419より)

万年カレンダー





ブログ内検索



いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中

居合道とは?

☆居合道とは?
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より転載)

居合道(いあいどう)とは、林崎甚助によって創始された武術である抜刀術・居合を武道としたものである。

居合道とは、日本刀を用い、抜刀から納刀、および諸作法を通し技能の修練のみならず 人格の涵養なども含めた各自による自己修練のこと。 現在、座った状態で、鞘から刀剣を抜き放ち、さらに納刀に至るまでをも含めた技術を、一つの独立した武道と成している国は、全世界でも日本のみで、実は非常に稀有なものである。

それぞれの団体において段級位制があり精進を重ね、形を演武し所定の審査と試験(筆記、口頭かは各団体により異なる)を経て段位及び範士、教士、錬士という称号を授かる。級位制度は一級が最高であるが、段位制度は階段を果てしなく昇れるように修行が進むほどに数字が大きくなるように創設された。現在、各団体ごとに允可最高段位を定めており、範士を最終段階、最終目的とする団体もある。(団体により目的が異なる)

 ○剣術との相違
剣術との相違点は主に床の間での想定で型が組まれている点にあり、奉納、作法を意識している点も挙げられる。


 ○演武会
主に業前(形)を披露する行事を年に数回行う。また神社にて日頃の精進の成果をご神前に報告する奉納演武を執り行うこともある。


 ○試合
試合は実際に斬りあうのではなく、段位ごとに、各流派の形ならびに、各流派が集まる団体では共通の制定した形を加え、演武としての業前(形)を審判の旗の掲示による多数決や採点で評価することで執り行う。高段位においては試合を行わず演武のみになる団体もある。

・・・転載ここまで・・・

<< リンク集 | ホーム | 平成26年度の事業予定 >>


 BLOG TOP